WRX S4(D型)の各種適合部品をまとめる&購入品の自分用メモ。
※徐々に追記していきます


ランプ(LED)

フロント/リアウインカー

ウインカーはT20(ピンチ部違い)



最初はこれを購入。2個で500円でした。(今はちょっと上がって698円)
夜に取り付けたので最初はよく見えたのですが、
昼間は光量が不足気味だったので再度検討。
でもPHILIPSやVALENTIは高くて買えない…カエナイヨ…


VALENTI ジュエルLEDバルブ T20ダブル/シングル アンバー VL55-T20-AM
…6,881円(5/22現在)
PHILIPS ウインカー LED バルブ T20 アンバー X-treme Ultinon
…4,664円(5/22現在)
※PHILIPSに関しては3年保証ってことを考慮すると破格の安さではある



と、いうことで購入したのがこちら。1,300円ほど。
BORDAN製とありますがメーカーHPとか見当たらないんで中華製かな?
耐久性に不安はありますが昼間の視認性も良好なのでよしとします。


ヘッドライト・ハイビーム

ヘッドライトはLED製、ハイビームはHB3かな?(未交換)


テール部

こちらもだいたい最初からLEDなんだけど、フォグはT20。ダブルなのかな?
バックランプはT16(どちらも未交換)


室内&ライセンス灯

トランク部とライセンス灯はT10。室内はT10x31。
T10は安いやつを適当に買って付けました。
半年/1個のペースでダメになるけど、それでもコスパいいのでこのまま継続。



自分が買ったときは980円くらいだったけど…ちょっと上がってる?
ほかの中華銘柄でも1000円くらいで出てるので探してみてください。


ホイール・タイヤ

※未編集


サスペンション

※未編集


吸排気

※未編集


制御系

※未編集



じゃんぱら

http://www.janpara.co.jp/press/p190520/

当社では上記のコメントに基づき、現時点で発売・発表済みであるHuawei社製端末には機能上の問題は生じないものとして認識しております。
販売・買取等のお取引につきましては、引き続き当社各規約に準じ取り扱いさせていただきます。


モバイルステーション(パステック)

https://www.rbbtoday.com/article/2019/05/22/170024.html#cxrecs_s

中古スマートフォンの買取・販売などを行うパステックが、Huawei製品の買取を停止することが分かった。

RBB TODAY

イオシス

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1185803.html

弊誌の取材に対して、「現時点では、Huawei製品の販売は引き続き行っていく」としたほか、買い取りについては「国内版と違いアップデートなどの動向が見えにくい海外版のみ買い取りを現在停止している。また、今度どうなるかは現状では分からない」とコメントしている。

AKIBA PC Watch

MOBILE HEAD(秋葉原)

でも買取継続でっ!!


Twitter

※ここからはメール問合せ回答

ブックオフ

現在買取を中止する予定は
ございませんが、メーカーやキャリアの対応状況を確認し、
適切に判断をさせていただきたいと存じます。


ゲオモバイル

現時点では社内にてHuawei製品を買取終了する等の情報はございませんが、
今後の動向や買取についての変更につきましてはわかりかねます。


TSUTAYA

ただいま社内検討中のためお答えできません。

RoboSync: RobocopyのためのGUIツール
http://n-archives.net/software/robosync/

RoboSyncの特徴
・RobocopyのためのGUIツール。ほぼマウス操作だけで実行までできます。
・複数のコピー項目の作成と管理。
・スクリプトファイル(バッチファイル)の出力が可能。スケジューラによるバックグラウンド処理などにも使えます。
・Robocopyによるコピー実行の前に、パラメータのチェック(/QUIT)、または、実行プレビュー(/L)が可能。
・Robocopyのパラメータ設定の簡易チェック、Robocopy実行前の簡易チェックを行います。
・Robocopy実行途中での中断が可能。
・Robocopy実行ごとのログの履歴参照が可能。

RoboSync: RobocopyのためのGUIツール

仕事柄、Windows Serverをよく使用するので
バックアップや同期をとらなくてはならない場合に
わりとRobocopyは便利に使用させてもらってました。
Linuxでいうrsync?

参考: Windows版rsync 『Robocopy』コマンド – 俺的備忘録

もちろん普段は.shなり.ps1なりに書き出してタスクスケジューラで…
って使い方が多いんですが、
わりとコピー元/先の設定やパラメータの設定あたりをど忘れして
不安になるので、簡易チェックの意味でこういったツールがあると便利ですね。

ちょっと使ってみてレビューしようと思います。

ボケっと(一応)メイン機になってるSH-04Hの通知を見てたら
ソフトウェアアップデートが来てました。

まさか…もしかして…
Android 9 Pieに上がるんか…?!

AQUOS ZETA SH-04Hの製品アップデート情報
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/sh04h/index.html

・より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年4月になります。)

AQUOS ZETA SH-04Hの製品アップデート情報

(;^ω^)…ちくしょう…
っていうか「品質を改善いたします」ってリリースはどうだよ…

セキュリティ更新については4月のこれですかね。

Android のセキュリティに関する公開情報 – 2019 年 4 月
https://source.android.com/security/bulletin/2019-04-01.html?hl=ja

暇をみつけてアップデートかけてしまいましょう。最近物騒だしね。

株式会社NENC公式サイト

もうすぐドナドナ予定のRA2 プレオですが、
ヘッドライトの型式が超マイナーなIH01という型で
LED作ってるところがなく、渋々クソ高いPIAA球で我慢していたんですが…

なんと、マフラー屋さんからLED屋さんになりつつあるNENCさんから
IH01のLEDバルブが出るみたいです。

もうすぐ試作品が出来上がるってことは、
夏くらいには一覧に上がってくるのかな…?
プレオオーナーや(一部の)セレナオーナーの期待が大きそう。


UbuntuでWekanのホットスタンバイ環境を構築していた際に、
dumpされたDBデータをrsyncで転送し、restoreする…といった手順の
バッチファイルを組んでたんですが、どうもrsyncが通らない。
いや、常に通らないわけではなくて、

rsync -av /home/user/data user@192.168.x.x:/home/user

といった感じの所謂「パスワードを聞かれる状態」では成功するのに

rsync -av /home/user/data user@192.168.x.x::USERDATA

(参考:パスワードなしでrsyncする方法

といったパスワード入力を省いた状態のrsyncコマンドで、
ホストに辿り着けませんでしたといったIP指定をミスったような
エラーが出力される。

rsync: failed to connect to 192.168.x.x (192.168.x.x): No route to host (113) rsync error: error in socket IO (code 10) at clientserver.c(122) [Receiver=3.1.2]

もちろんpingとかsshは通るので、IP指定は正しい。
どうしたもんか…と検索していると、
どうやらポートが解放されていない状態でも
No route to hostとエラー表示される場合もあるらしい。

(参考:ping は通るのに No route to host と言われる

ということで、rsyncで使用される873番ポートを解放しておいた。

iptables -I INPUT 3 -p tcp -m tcp --dport 873 -j ACCEPT

これでひとまず解消した。

どういうことかというと、下記のサイトを見る限り
その場で認証するときはsshが使われて、
rsync同士での認証だとrsyncプロトコルが使われるので
TCP:873番ポートが開いてないとダメらしい。はえ~

rsyncでディレクトリ同期(バックアップ)

エラー文が正しいとは限らない…っていうのを再認識したなど。


あきばお~の激安SSD再び、税込2,980円の240GB SSDが大量入荷 – AKIBA PC Hotline!

先週末にちょっと東京に宿泊する機会があり、タイミングよくあきばお〜で激安SSDの再販があるということだったので立ち寄ってきました。

SiliconPower S55でした。
昨年の3月くらいに発売されたモデルですね。
他社のエントリーモデルと同じくらいの速度表示です。

とりあえずいつものCrystal Disk Markで。

うーん、Readは公称値出てない…?そんなもんかな?
ちなみに比較対象として昨年12月購入のCrucial MX300の数値を。

ランダムが若干弱いくらいで、十分実用範囲内かなと。
周辺にあるジャンクPCと組み合わせて格安持ち運び用PCなんて組んでみるのも
良さそう。

最近始めた「七人の賢者と錬金術師」の自分用レベリングメモ。

序盤(ランク2~5 Lv20くらいまで?)

・3分毎に張り付けるなら「そよ風の丘」が高効率。
 ⇒「木の枝」「わらの束」が高騰してるので金策にもなる
  (これらのレートが下がり気味の場合は「ヒワリ畑」の方がいい)
 ⇒もちろん、錬金術のレベリングに自分で使うのもよし。
 ⇒素早さによる時間短縮の影響も受けやすいので、
  時間当たりの経験値の入りもいい。

・3分毎はちょっと…という場合は「ヒワリ畑」
 ⇒「ヒワリの種」「アロマハーブ」の二つも金策にはもってこい
 ⇒ヒワリの種から錬金できる「蒸留水」もそこそこ値が張る
  (そもそも中盤以降のアロマ作りで使用するのでキープでも良し)

・魔獣討伐は公開ルームの募集に頑張って食い込めれば…
 というのも、のほほんとしてたらすぐ埋まる。一瞬で埋まる。
 「公開討伐」「フレンド」ボタンを切り替えて常時更新しよう。
 最初はCアニマ狙いにしてアニマ錬成用の素材を集め、
 錬成したらBアニマ狙い…というようにステップアップする感じで。

中盤(ランク6~)

(考察まとめ中)

上の記事の続編です。というか近況の更新。

Wekan
https://github.com/wekan/wekan

2019/2/12に更新されてます。
あとで現況の記事は書こうと思いますが、かなり前から機能追加されており、
今後も更に色々追加するよ!って息巻いてます。
かなり今アツいカンバンOSSといっても過言じゃないかも。

Taiga.io
https://github.com/taigaio

2019/2/4に更新されてます。
直近のChangeLogを見てみましたが、最近は細かいバグフィックスに終始してるみたいです。
安定性重視の方針でしょうか?

RestyaBoard
https://github.com/RestyaPlatform/board

昨年の11/1から更新リリースは出ていませんが、
動きはあるので、開発が止まっているわけではないみたいです。


あとで今時なWekanのセットアップ記事も書きますか。あとで…

ファミリーマート限定!コード支払いで20%還元キャンペーン – LINE Pay 公式ブログ

LINE Payのコード支払いでまた新しいキャンペーンが開始されました。

ファミリーマート限定ですが、コード支払いで20%後日還元される模様です。
多分PayPayの第二弾100億円キャンペーンを意識しての施策だとは思いますが…

PayPayと条件がちょっと異なっており、こちらは「期間中に還元額が2000円まで」となっています。
と、いうことは期間中の10000円までの決済まで還元ってことですね。
PayPayは一回1000円(5000円分の支払)まで、期間中に5万円(累積25万円)までとのことですから、比較するとちょっと弱いかもしれませんが
コンビニであることと、元からLINE Payのバーコード支払の還元率がいい事を考えるとコンビニではLINE Payの還元率の方が優勢かな?

小型家電や居酒屋での支払いはPayPay、ファミマやローソンみたいなコンビニはLINE Payとうまく使い分ければ上手い具合になりそうです。

そのうち、ずぼらな人向けに最低限これやってれば損してることはないよ~
っていうようなPayサービス関連の設定でも記事にしますかね。