安定のSanDiskと、案外悪くないIO-DATA

あのHIDISCのSD購入から数日・・・

ちょっとリスキーだな、と思いつつ6Dに突っ込んで小岩井のイルミネーションを撮りに行きました。

ちょっと雪がちらつく中、光に向かって数枚撮影。
お、いけるやん?と思ったのも束の間

「カードを初期化してください」

( ^ω^)・・・

 

ってことで買いなおし枠です。



選択したのは安定のSanDisk。前回も紹介したUltraの64GBを選択しました。

実は値段はあんまりHIDISCのやつと変わりません…最初からこっちでよかったな…

 


I-O DATA スピードクラス10対応SDHCメモリーカード 16GB SDH-T16G
アイ・オー・データ (2009-11-30)
売り上げランキング: 92,928

とはいえ、ネット注文で少しタイムラグが発生するので近所のケーズデンキでこいつを調達。

繋ぎとして利用しました。

先のポンコツHIDISCと違ってエラーは無し。ついでに一緒にベンチマークやってみました。

 

ベンチマーク

定番のCrystal Disk Markで。

まずはSanDisk Ultra 64GB。悪くないですね。

Read 48MB/sを謳ってますが、Seq読み込みは90MB/sオーバー。
書き込みも36MB/sあれば充分でしょう。動画あんまり撮らないし。

 

お次は IO-DATA 16GB。

ワゴンセールにあるSDにしては悪くない数値でまわっています。
ランダムR/Wが弱いのは仕方ないとして、書き込み25MB/sはよいかと。

 

ついでに比較対象のHIDISC…
カーナビ行きですね。間違いない。

 

耐久性とか

とりあえず動いてます。
追々書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です